2012年05月07日

015 アデノイド・モンスター

 


 パイレート≠ニ渾名されるプレンティス大尉の「特技」は他人の夢想を掠奪こと。この能力を有望とみて活用する戦争のヘッドクォーター〈ザ・ファーム〉の命で、ノーヴィ・パサール(第一次大戦の原因をつくったバルカン半島の、外交的要衝)担当の外務省の役人、オズモ卿の頭から彼の夢想を清掃する仕事を仰せつかった。卿の仕事に差し障りがないように、彼に代わって彼の夢想をしてさしあげる任務である。


 Did you know?  Pynchon is crazy!


 しかも、この部分をミュージカル仕立てで、うたと踊りつきで見せてくれる。パイレート自身がトップハットにステッキ姿で踊るその映像が読者の前に映し出されるのだ。


 その、オスモ卿の脳から沁み出るファンタジーというのが何かというと……ある日、パイレートはその「夢想」に街で出会ってしまう。

 

注意深くにじり寄る黒靴のパイレート。そいつは敷石の上をぬるりぬるりと、カタツムリのように彼に向かって進み寄ってくる。通った跡の舗道に光るネバネバは、霧のせいでそう見えるわけじゃない。パイレートは恐怖によろけながら後退。とりあえずの難は逃れたが、知ってしまったことは消し去りようもない。そいつはなんと、肥大扁桃腺[アデノイド]であったのだ! いや扁桃腺といっても、セントポールの聖堂ほどの大きさ。しかも時間の経過とともに肥大化していく一方なのだ。ロンドン中が、ひょっとしたらイギリス全土が、壊滅の危機!

 

Carefully, black-shod step by step, Pirate approached the thing. It began to slide forward to meet him, over the cobblestones slow as a snail, leaving behind some slime brightness of street-wake that could not have been from fog. In the space between them was a crossover point, which Pirate, being a bit faster, reached first. He reeled back, in horror, back past the point−but such recognitions are not reversible. It was a giant Adenoid. At least as big as St. Paul's, and growing hour by hour. London, perhaps all England, was in mortal peril!


(挿入歌、省略)


踊るコーラスラインの乙女たちは、毛皮のバスビー・ハットにジャックブーツ姿。別の一角でブレイザラード・オズモ卿が、ぐんぐん肥大してゆく自らの扁桃腺に吸収されていく。これはエドワード朝医学ではまったく説明のつかない現象・・・ほどなくメイフェア広場は逃げだした男達のトップハットが散乱、イーストエンドのパブの灯りの下は閑散として安香水の匂いだけが漂うなかを、怪物ノドチンコが暴れまくる。とはいえランダムに人を襲うのではない。この魔物にはマスタープランがあるのだ。使える人間だけを選り分けている。この英国にて今また始まった、新たなる〈選ばれ〉、新たなる〈見捨て〉。内務省も手の打ちようがなく、痛々しいヒステリックな逡巡の症状・・・何をすべきなのか、だれにも分からず・・・そのままずるずるロンドン全域に避難命令発令となった。トラス構造の橋の上をガタゴト、黒のフェイトンが連なって動いていくさまは正に蟻の行列だ。空に観測気球が上がった。「見つかりました、いまハムステッド・ヒースです。止まっています。息をしてます・・・吸ってえ、吐いてえ、みたいな・・・」「音は聞こえるか」「スゴイです。オゾマシイ、鼻の穴の怪物が鼻水をズルズル啜ってるみたいな音がします。あっ、動きました。ああっ、なにを・・・なんてことだ、こ、これは・・・とても放送できません、あーーっ!」突然、送信が途絶える。明け方のティールブルーの空を気球が昇っていく・・・

 

Chorus line of quite nubile young women naughtily attired in Busbies and jackboots dance around for a bit here while in another quarter Lord Blatherard Osmo proceeds to get assimilated by his own growing Adenoid, some horrible transformation of cell plasma it is quite beyond Edwardian medicine to explain . . . before long, tophats are littering the squares of Mayfair, cheap perfume hanging ownerless in the pub lights of the East End as the Adenoid continues on its rampage, not swallowing up its victims at random, no, the fiendish Adenoid has a master plan, it's choosing only certain personalities useful to it−there is a new election, a new pretention abroad in England here that throws the Home Office into hysterical and painful episodes of indecision . . . no one knows what to do . . . a halfhearted attempt is made to evacuate London, black phaetons clatter in massive ant-cortege over the trusswork bridges, observer balloons are stationed in the sky, "Got it in Hampstead Heath, just sitting breathing, like . . . going in, and out . . ." "Any sort of sound down there?" "Yes, it's horrible . . . like a stupendous nose sucking in snot. . . wait, now it's . . . beginning to ...oh, no . . . oh, God, I can't describe it, it's so beast−" the wire is snapped, the transmission ends, the balloon rises into the teal-blue daybreak. 

 

 


posted by GR at 00:07| テクスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。