2012年05月17日

GR 061 独軍と英軍の心理作戦? いやはや。

「バイバイ・ブラックバード」は、もともとは二〇年代のポピュラーソング。ヨーロッパでは、黒人のエロスを売り物にしたジョゼフィーン・ベイカーのショーなどを通して広まり、後にはスイングバージョンも盛んに演奏された。戦時中ナチスの宣伝省は、ユダヤ人や黒人の手に染まったアメリカ音楽を禁止したが、にもかかわらずジャズ・ミュージシャンに「チャーリー&ヒズ・オーケストラ」バンドをやらせ、英米兵士の士気をくじく替え歌を吹き込ませて流布させた。そのなかに「バイバイ・ブラックバード」の替え歌も含まれる。

これ、面白いので、聴いてみて下さい。(昔のジャズレコードは歌が始まるまでに1分くらい演奏があるのがふつうでした)

歌詞はこんな感じです

Here is Mr Churchill's latest song dedicated to Great Britain:

I never cared for you before
Hong Kong, Burma, Singapore
Bye, bye, Empire

India I may lose too
Then I only have the London Zoo
Bye, bye, Empire

There's no one here who loves and understands me
Nothing but heaps of bad news they hand me

The Yankees are still out of sight
I can't make out wrong form right
Empire, bye bye.


これに対してイギリスがどう反撃したか、それを想像してピンチョンは『重力の虹』に Operation Black Wing 〈黒い翼〉作戦を描き込んだ――とサトチョンは考えています。つまり、V−2ロケットを打ち上げている黒人集団がいるというデマを流してドイツ軍兵士の意気を殺ぐ作戦ですが、ところが実際・・・(話を知っている人は、ご存じですね。エンツィアンたちのロケットのこと。)

〈黒い翼〉のような作戦を実行している主体として、 PISCES*という心理学・異常心理学・超心理学の研究者集団を描き出すところに、ピンチョンの博識が繰り出されるわけですが、PISCES のなかでも首謀格のポインツマンはスロースロップが空からの刺激に対して勃起する秘密を探ろうとして、アブリアクション病棟で、麻酔薬のアミタルナトリウムの溶液を注射して調査します。

*Psychological Intelligence Schemes for Expediting Surrender 降伏促進のための心理諜報計画(誰が報復すべきなのは明記されていない、と、わざわざテキスト本文に書いてある。

アブリアクションとは、トラウマを再体験させることによって、それと意識的に向かい合えるようにするという治療法ですが、ここでスロースロップが向かい合う無意識のコンテンツは、黒人と糞だらけ。

その導入に、「バイバイ、ブラックバード」の替え歌が流れます。というか、スロースロップがの変容した意識がそれを流している、というべきか。

Got a hardon in my fist,
Don't be pissed,
Re-enlist−
Snap−to, Slothrop!

Jackson, I don't give a fuck, 
Just give me my "ruptured duck!"
Snap−to, Slothrop!

No one here can love or comprehend me,
They just look for someplace else to send . . . me ...

Tap my head and mike my brain,
Stick that needle in my vein,
Slothrop, snap to!

この音韻を保ちながら、訳するとこんなでしょうかね。
 どうぞご一緒に節をつけて

  

     ボッキしてーる ペーニス
  つかーんだ 怒るな
  気を つけー、スロースロップ!

  俺のしった こっちゃねー
  "おんぼろダック"  よこせよ  (ruptured duck = 名誉除隊の印のバッジの俗称)
  気を つけー、スロースロップ!

  だれも愛して、わかって、くれない
  俺を回すことしーか、かーんがえてない

  脳天に 電気針
  両腕に 注射針
  気を つけー、スロースロップ!
posted by GR at 06:19| テクスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。